定年後にタクシードライバーの求人を探すときの注意点

投稿者: | 2018年6月3日

定年後の働き方として人気が高いのがタクシードライバーの仕事です。
定年まで全然違う仕事をしていた人も、定年後に二種免許を取得して仕事を始める人もいます。
しかし、なぜ定年後の仕事にタクシードライバーを選ぶのでしょうか?
その理由はいたってシンプルです。

なぜ定年後にタクシードライバー?

定年後にタクシードライバーの仕事を選ぶ理由は給与が高いことが一番の理由です。
定年後に再雇用されて働く場合、大抵の場合はシルバーの求人ですから、アルバイト並みもしくはそれよりも低い給与水準で雇用されることになります。退職金が多かったり、年金がたくさんもらえるという方で、お小遣い稼ぎの仕事という考え方なら、こういったシルバー求人の仕事で十分かもしれません。
しかし、生活のためにまだ働かなければならない状況だったら、最低限の収入だけでは生活をするのは厳しいはず。
そこで給与が高いタクシードライバーの仕事が、定年後の働き方として注目されるのです。

タクシードライバーは働き方も定年後にマッチング

定年後に肉体労働をしてお金を稼ぐのは、かなり体に負担がかかると思いませんか?
だからといって営業職としてお得意さんにペコペコ頭を下げる仕事は、高齢になるほど精神的な負担が大きいです。じゃあコンビニやスーパーで働くのは?若い人の多い職場で一人だけ高齢なのは恥ずかしいと感じる人もいますよね。
ではタクシードライバーの仕事はどうでしょうか?きっと働いたことがない人でも、定年後にぴったりな雰囲気なのはイメージできるはずです。
それにタクシードライバーの仕事は車の運転こそしますが、肉体的・精神的負担は他の仕事に比べるとハードな仕事ではありません。お客さんを安全に目的地に送ることができれば、タクシードライバーの仕事は完了です。

定年後にタクシードライバーになるときに注意したいこと

タクシー会社次第で、それぞれ働ける年齢に制限をけています。
入社するタクシー会社を見誤ったら、定年後に入社したところで早期に退職せざるを得ない可能性があります。
タクシー会社次第では75歳まで働けるという会社もあります。
これなら定年してから10年以上働けるので安心です。
また、採用年齢に関しても、年齢制限を65歳までとしている会社が多いです。
定年後にタクシードライバーになる場合は、入社以前に「自分が何年働けるのか」をはっきりと聞いておいた方が良いでしょう。

定年後におすすめのタクシー求人はこちら