「笑顔が気持ち悪い」と言われた時の3つの対処法

投稿者: | 2017年11月22日

「笑顔が気持ち悪い」という最低な言葉

これ以上傷つく言葉があるでしょうか。こんなことを言う人の気がしれません。
もしこんな言葉を言われてしまったら、ショックで立ち直ることはできないかもしれません。
でも、実際にこれを言われてしまった人も少なくないでしょう。実際に私も過去を思い返せばこの言葉を言われたことがあります。
この最低な言葉を言われて落ち込んでしまった人のためにも、笑顔が気持ち悪いと言われたときの対処法をお教えします。

笑顔が気持ち悪いと言われてしまったときに対処する方法

①笑顔を見せない

笑顔が気持ち悪いけど、笑わなければ意外とイケているのかもしれません。それに、こんな言葉を自分に浴びせた人に笑顔を振りまく必要などありません。笑顔が気持ち悪いと言った人にだけ笑顔を見せなくなれば、相手もその言葉を言ってしまったことを後悔してしまうかもしれません。

②冗談なのか本気なのかを考える

仲の良い間柄であるほど、いろんな事を言ってしまいます。相手はあなたを傷つけようと思って笑顔が気持ち悪いなどと言ったのではないかもしれません。笑顔が気持ち悪いと言われた時の状況を冷静に思い返して、その言葉が冗談ではなかったのかを考えてみて下さい。ただの冗談だと思えたなら、気にするのをやめて言った人と仲良くすることもできるでしょう。ただし、自分に嫌な思いをさせるために本気でそういうことを言われたのなら、その人とは距離を置いた方が賢明でしょう。笑顔が気持ち悪いと本気で言える人なんて、性格悪いに決まってますからね。

③笑顔の練習をする

笑顔が気持ち悪いなどと言う人が一番悪いのは承知の上で、言われた方も本当に笑顔が下手なのかもしれません。笑顔は練習することで上手になります。鏡を見てから自分の笑顔を良く見てみて下さい。物凄く不細工な顔になっているのかもしれません。そんな時は自分のベストな笑顔を知ることが大事です。口の角度や目の細め方などを調整すれば、素敵な笑顔は誰にでも作り出すことができるのです。鏡の前で自分の笑顔をチェックして、いつも笑顔の時に意識していれば自然と一番良い笑顔を作りだすことができます。