新規公開株を購入できるIPO投資とは?

投稿者: | 2017年11月3日

IPOとは?

IPOとは、「新規公開株」や「新規上場株式」の事です。
つまり、株を投資家に売り出して、証券取引所に上場したら誰でも株取引ができるようになります。
そして、新規上場するときに投資家には【株を買う権利】が抽選され、上場日のはじめに付く、初値で株を売るだけ利益を出すことができます。
IPO投資とは「上場する前に株を手に入れて、上場日に売る」という投資方法です。
事前に新規公開株がわかるため、これだけで利益を出せます。
(“未公開株詐欺”ではなく、信用のある証券会社から公正な抽選によって手に入れます)

ですから、IPO株に抽選で選ばれることができれば、簡単に利益を出すことができます。
IPO投資を始めるには、証券会社の口座を開設する必要があります。
数ある証券会社の中でも資金が少ない方は、マネックス証券がお勧めです。
資金が多い少ないに関わらず、当選確率が平等という魅力があります。

IPO手帳とは?

IPO投資では、抽選のスケジュール管理が最も大事です。
たくさんのIPO抽選に申し込むことで、当選確率が上がります。
実は、IPOの申込スケジュールを管理することができるIPO手帳というサービスがあります。
このIPO手帳で管理することにより、たくさんあるIPOの申込を忘れることなく管理することができます。
面倒だったIPOのスケジュール管理も簡単になり、結果的にIPO抽選の当選確率が高まるのです。
IPO投資は抽選で当選する回数が多いほど利益を得ることができますので、出来る限りIPO抽選の申込数を増やすようにしましょう。
このサービス名はIPO手帳ですが、手帳といってもweb上で管理するサービスです。
無料で利用ができますので、IPO投資をしている方は利用した方が良いでしょう。
詳しくはIPO手帳の公式サイトや口コミをご覧ください。

<参考サイト>
IPO手帳 公式サイト
IPO手帳の口コミ