住宅ローン審査に通らない人が「住宅ローンを通す方法」は?

By | 2017年9月17日

住宅ローンの審査が通らない要因と対策

マイホームを持つことは、幸せな家庭を築きたい人なら誰もが考えます。
家を持つことで、仕事帰りや休日をゆったりと広い空間で過ごすことができます。
また庭や書斎を持つことで、自分の趣味の時間も作ることができます。

マイホームを持つことで、人生を豊かに暮らすことができます。
ただし、家が欲しくても住宅ローンに通るのか不安だと考えている人も多いようです。
いくら家を買いたくても住宅ローンの審査に落ちてしまったら元も子もありません。
そこで住宅ローンの審査に通らない人の要因と対策についてお話ししていきます。

(もうすでに住宅ローンを組んでいる方は住宅ローン乗換センターについてご覧ください。)
消費税増税対策!「住宅ローン借り換え」で家計費負担軽減!

<住宅ローンに通らない人の3大要因>

・収入や雇用形態

年収が低いほど住宅ローンの審査が厳しくなります。
その理由は、銀行などの住宅ローン会社に返済能力が低いと判断されてしまうからです。
だからといって、給料が少ないから家を建てることは難しいとあきらめる必要はありません。
住宅ローンの審査における信用の判断基準を考えると、年収よりも雇用形態や働いている会社の大きさの方が重要です。
ただし給料が少ないと組める住宅ローンの金額が少なくなります。
これは住宅ローンの限度額が法律で決まっている為、年収が低い人ほど限度額が小さくなるのです。
とは言え年収300万円くらいでも、2000万円程度の借り入れができるので、家を建てるには十分な資金を得ることができます。

また派遣社員、契約社員、パート社員など雇用形態が正社員でないと、住宅ローンを借り入れできる可能性が低くなります。
ただし条件が揃っている人であれば審査に通る可能性があります。

・正社員並の給与をもらっている。
・勤続年数が長い。
・勤続先が信用できる会社である。

これらの項目にあてはまれば、住宅ローンの審査を受ける価値があります。現にパート社員でも住宅ローンの審査に通っている人は多いので雇用形態が悩みで家を建てることを躊躇している方は審査を受けてみることをお勧めします。

・会社への勤続年数

転職してまだ間もなく、勤続年数が短い場合も住宅ローンの審査は通りにくいです。
転職してから住宅ローンの審査を受ける場合、3年以上勤続してから審査を受けるのが望ましいです。
どうしても早く審査を受けたい場合も、最低でも転職して一年以上経ってから住宅ローンの審査を受けるようにしましょう。
転職してから住宅ローンの審査を受けた人が審査に落ちる場合、勤続年数が短いことが理由で審査に通らないことが多いようです。
ただし、住宅ローンの審査に落ちた理由は明確に返答をもらえないことが多いので、何が理由で住宅ローンの審査に落ちてしまったのかは自分で考えるしかありません。
もしかしたら勤続年数はクリアしていたけど、過去に借り入れの遅延があって返済から年数が経っていないため落ちてしまったいうケースもあります。
どちらにせよ、永久に住宅ローンの審査が通らないわけではないので、後日改めて住宅ローンの審査を受けることをお勧めします。

・借り入れがある場合

今現在借り入れがある人は住宅ローンが絶対に組めません。
消費者金融やキャッシングなどで借り入れがある場合は、どうにかして完済するしかありません。
住宅ローンの審査は現金キャッシングだけでなく、クレジットカードの利用残高が残っているだけでも組めないほど厳しいのです。
ただし、自動車ローンはこういった借り入れには含まれません。
借り入れがある方はどうにかして返済する必要がありますので、頭を悩ませることでしょう。

どうしても資金が足りない人は住宅ローンの審査を受ける人以外の家族の借り入れまで調査されないため、家族や同居者が代わりに借り入れをしてローンを借りる人の借金を完済するという方法があります。

ただし、こういったお金に余裕がない状態で家を建てることはお勧めできませんので、計画性を持って家づくりをしていきましょう。

審査に落ちたら住宅ローン会社を見直してみる

 

それで審査に通らなかった場合は、審査の許容範囲が広い住宅ローン会社で審査を受けましょう。
利率が高い住宅ローン会社では住宅ローンの審査がやや甘いこともあるため試してみる価値はあります。
借り入れる住宅ローン会社は、自分で調べるよりハウスメーカーの営業や不動産屋さんに相談した方が詳しく教えてくれます。
地銀などローン審査基準が住んでいる地域によって違うため、インターネットの情報では得られない住宅ローンを組む方法を助言してくれるかもしれません。
住宅ローンを組みたければ、最後まであきらめずに借り入れ可能な住宅ローン会社を探してみましょう。

もし、すべての方法をやっても通らなかったら落ち込んでしまうかもしれませんが今は諦めて出直しましょう。
ただし、将来マイホームを持つことを諦める必要はありません。
住宅ローンの審査に受かるように、自分を改善していけば良いのです。
借り入れがあって住宅ローンを断念した人は働いて借金の返済から始めましょう。
勤続年数が足りない人は、数年間勤続した後に審査を受けるために頑張って仕事を続けましょう。
マイホームを持つと決めて、審査に通るために自分を改善していけば人生も向上するはずです。
現状で審査に受かる方法も大事ですが、審査に通るために必要な準備を整えることも大事なことです。

【ブログ村参加中!】
沢山の悩み解決・良サイト作成の為に応援クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です