面接をする理由を考えてみる

通常、一般の入社試験では面接試験が必ずあります。

時計

単純に考えて、面接試験は「なぜ」行われるのでしょうか。例えば、一人の就職志望者がいたとして、その人が、その会社にとって求めているような性格、考え方の持ち主であるかを見極めるためです。


これには人間性はもちろん、社会人として最低限の身だしなみ、立ち振る舞いができているのかどうか、礼儀作法がしっかりと身につけているか、そして、その人の対人上でのコミュニケーション力をはかるというのも大きな目的です。

履歴書も問題なく、筆記試験でも合格ラインを突破したのですから、そんな人材ならほぼ「問題ない」という考えのもとで、最終的に「チェック」したい、というのが企業側の意図であるケースが大半なのです。
こういったことを知っておけば、どうしても面接で緊張してしまうという人には、今挙げたような、相手が「どの点を見ているのか」をあらかじめ理解しておくことで多少緊張はほぐれるのではないでしょうか。面接試験は、人間性そのものを見るというより、最終チェック、確認に近いということを知っておきましょう。

“面接をする理由を考えてみる” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です