蓄膿症のお悩みは改善効果がある「刀豆茶」がおすすめ

By | 2017年9月12日

刀豆の効果と服用をオススメする症状

刀豆が体に良いことは古来からその効果が言い伝えられており、薬草として服用されてきました。
遠い昔から刀豆は日本でも、中国でもその効果は実証されています。
刀豆は肝臓の働きを高め、身体の状態を根本的に整える働きがあります。
また有名な効果として、鼻や口の中の膿を除去する働きを持っています。
以下の症状がある方におすすめしますので、チェックしてみてください。

・鼻をかんでもスッキリしない
・どれだけ寝ても頭も重い

・いつも「たん」が出る
・のどの不快感や口内環境が悪いと感じている
・口臭がするので、会話が気になる

こういった症状を感じている人などは刀豆を試してみることをオススメします。
なぜなら、刀豆には口や鼻などの不快な濃を除去する働きを持っているからです。
体にたまった膿によって引き起こされる病気は色々あります。
特に代表的な鼻や口の病気が「蓄膿症(慢性副鼻腔炎)」「鼻炎(花粉症)」「歯周病」などです。
これらの病気はほとんどが体内に溜まってしまった膿により引き起こされる病気です。
きちんと膿を除去することができれば症状は改善されるでしょう。

<刀豆に含まれる成分とその効果>

口や鼻の病気を引き起こす原因である、膿を除去する働きがある成分が「カナバニン」です。
刀豆に含まれる「カナバニン」が膿トラブルを解消してくれます。まさに刀豆といえばカバナニンであると言っても過言ではありません。

しかしそれだけではなく、女性の美容にも刀豆は効果的な成分を含んでいます。
刀豆には「ポリフェノール」が含まれます。
カナバニンンの有効成分だけ注目されがちですが、この「ポリフェノール」は抗酸化作用により、老化防止や病気の予防などに効果があり、近年注目を浴びています。
こういった副効能が刀豆には隠されていたのです。

<刀豆茶により期待できる主な改善効果>

1.蓄膿症の改善効果
刀豆は古来より排膿の妙薬として知られており、刀豆に含まれる有効成分カナバニンが炎症を抑えるとともに膿を排出し、蓄膿症の症状を緩和させる働きがあります。また、なた豆は別名「膿取り豆」と言われており、漢方薬としても使われています。

2.肝機能の改善効果
刀豆には、腎臓機能の働きに必要不可欠ウレアーゼという酵素が豊富に含まれている為、刀豆茶を摂取していく事によって腎臓機能改善効果があります。
腎臓機能が改善すると、むくみ解消にもつながります。

3.花粉症の改善効果
刀豆に含まれているコンカナバリンという成分に免疫改善作用があります。
この成分が、本来生まれつき持っている免疫力を正常に働かせる効果が期待できます。
更にカナバニンの抗炎症作用により、鼻水・鼻詰まりの症状改善をサポートをします。
コンカナバリンAとカナバニンの両方の効果により、花粉症などのアレルギー症状を改善することができます。

4.ダイエット効果
刀豆にはサポニンが豊富に含まれます。
サポニンは体内に吸収された糖質が脂肪となることを抑える効果があります。
ですから脂肪の吸収を遅らせて、脂肪が高い食品の摂取による体重増加を抑制する効果があるそうです。
さらに「ウアエーゼ」という成分は肝臓機能を整え、血圧を正常値へ導く働きをします。
ストレスや病気が増えている現代、刀豆は再度その効能が注目を浴びています。

<刀豆茶の選び方や口コミ>

現在、刀豆は主にお茶として飲むことが主流となっています。
お茶であれば無理なく毎日摂取できるので、その効果を試してみてはいかがでしょうか。
実際に刀豆茶を飲み続けて、蓄膿症が改善したという声も多く、刀豆茶を摂取することで様々な症状の改善効果が期待できます。
実は重要な刀豆選びのポイントがあります。それは刀豆茶の味です。
ただしこればかりは実際に飲んでみないとわかりません。
味が心配な人は商品購入者のレビューなどを参考にしてみれば、どの刀豆茶がおいしいのかわかるでしょう。
ちなみに国産の刀豆は鹿児島県と静岡県で生産したものが多いようです。
特に口コミで評判が良いのが鹿児島産の刀豆を使った薩摩なた豆爽風茶です。
初回購入が半額になる購入ページも載せておきますので、チェックしてみて下さい。

【薩摩なた豆爽風茶】このページから購入で初回購入価格が半額

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です