男性の性欲減退が原因で起こる5つの弊害とは?

投稿者: | 2018年4月8日

元気でいつまでも若々しいつもりでも、年齢を重ねると性欲減退は急に起こります。特に男性は性欲減退を感じる年齢が訪れると、性欲以外にも目立った弊害を起こしかねません。そこで、男性が性欲減退により起こる弊害について考えてみたいと思います。性欲減退により起こる5つの変化について、あなたも自分に当てはまっていないかチェックしてみて下さい。

課長の桑田さん
僕はまだまだ現役だから大丈夫。性欲減退なんて草食男子の悩みだろ(笑)

総務部の高田さん
まじで想像したくないんだけど。セクハラで訴えますよ、ガチで。

 

①仕事への影響

例えば会社に出社しても仕事に集中できないできない上に、仕事に対する向上心が失われてしまうこともあります。朝起きてもぼーっとして仕事に行きたくないという思いでいっぱいになり、嫌々出社している毎日を過ごしてしまうかもしれません。つまり性欲減退は仕事がうまくいかない原因となることもあるのです。そして、そんな日々を送っていると、仕事がうまくいかないことへのストレスから退職を考えたり、最悪の場合うつ病を発症してしまうこともあるでしょう。

 

②自分の見た目に起こる変化

人間は異性の目を気にして、自分のルックスを良くしようと保つものです。ですから、性欲減退により「女性からどう見られても構わない」と考えてしまう人がいるのも事実です。そうなると服装はダサい服装を着ていても気にならなくなります。また、自分への興味も薄れてくるので髪形やヒゲなどをチェックして良いルックス保つ努力もしなくなってしまいます。そして、女性だけではなく男性の友達や同僚からも見た目のことで馬鹿にされたり陰口を言われかねません。

 

③異性との出会い

恋人がいない人は性欲減退により、恋人を作ることにも消極的になりがちです。まだまだ結婚は先でいいやと思っていたけど、いざ年齢を重ねてみたら、性欲が失われて恋人が欲しいと思わなくなってしまったということもあるようです。むしろ一人でいる方が楽だと考えてしまいます。それに自分の見た目に対する興味も薄れているので女性から見ても魅力がなくなり、女性からアプローチされる機会も減ることでしょう。性欲減退を放っておくと、新しい出会いの機会を失って一生独身となってしまう可能性もあるのです。

④恋人や夫婦の関係

すでに恋人や結婚してパートナーがいる人でも、性欲減退は非常に深刻な問題だと言えるでしょう。なぜなら、性欲は自分のパートナーとの関係を築く上で非常に重要なことだからです。性欲減退により恋人と行為に及ぶ機会は激減するのはもちろんですが、最悪の場合は浮気や破局の原因となることもあります。相手がいるから大丈夫だと安心してしまうのは安易すぎる考え方なのかもしれません。

⑤自己肯定感が薄れる

ドラゴンボールやワンピースなど少年マンガの主人公にあこがれて、仲間を大事にしたり正義を貫いたことが男性なら誰でもあるでしょう。だけど年を重ねてマンガの主人公のような男気が失われて、いつもペコペコして人の顔色ばかり伺っているザコキャラになっていたと気が付くことがあります。だけど性欲減退により老いを感じることで「若いころのような元気はもうないから無理」と思ってあきらめてしまうのです。例えば上司や先輩に言われるがままになって意見することができないなどです。それに「全力を出し切る」ことがなくなります。どこかで自分が疲れないようにセーブしてしまって、結果的に自分への自信や自己肯定感が失われて、どうせ俺はこれくらいだとあきらめてしまいがちになります。

 

まとめ

あなたはこれらの性欲減退による変化がいくつ当てはまったでしょうか?
まだまだ大丈夫だと言える人なら心配ありませんが、ほとんど当てはまっている人は危機感を持つべきだと言えます。性欲について軽く見ていると、結果的に日常生活にもストレスを抱えてハツラツとした毎日を送れなくなってしまいます。
元気を取り戻したいときはサプリメントで補うこともよいのですが、まずは「漢気net」などのビッグサイトで男性の性欲減退について勉強して、身近な生活から見直してみることをお勧めします。年を重ねても素敵な男性でいるために、今一度性欲について考えてみて下さい。

「漢気net」のページはこちら