歯を削らずにできる審美治療ってあるの?

投稿者: | 2016年5月22日

歯がきれいな人って清潔感があって印象も良いですよね。

残念なことに日本人は歯が汚いことは世界から指摘されています。

最近は歯のホワイトニングが流行ってきたことで、歯を白く見せようという意識が浸透してきました。

それに芸能人などの影響もあって、歯を削った審美治療をする人も増えてきているようです。

ですが日本の審美治療は、歯の表面を大きく削られてしまいます。

それによって不快症状が出たり、外れたら歯を全部削って差し歯になったり、自分の歯を失うリスクもあります。

歯を削らなければいけないので審美治療を思いとどまる人も多いでしょう。

歯が汚くてもつけ爪みたいな感覚で歯を綺麗に見せることができます。

enamel

実は削らなくても歯を綺麗にする方法があった

その方法がスーパーエナメルです。

スーパーエナメルとは?

 

スーパーエナメルという方法は、画像のような極薄で高級なセラミックを歯の表面にペタリと貼りつけるので歯を基本的に削らないでいいんです。

歯の見えるところ1本1本つけ爪みたいに貼り付けると、理想的なキラキラの真っ白でまぶしい歯にすることができます。

この方法は歯科医も患者も知らない人のほうが多いです。日本での認知度は今はまだ低いのですが、アメリカや世界のセレブの間で流行っている審美治療法です。

<症例集>

 

スーパーエナメル公式サイトはこちら

日本でも全国にスーパーエナメルの認定歯科がありますので、公式サイトよりご確認下さい。