モテる態度を身につけるために必要なこと

話をしている時の態度、話を聞いている時の態度に気をつけるとモテる事に一歩近づきます。

a0002_007146

相手の話が早く終わらないかな…などと考えながら聞くと、態度に出てしまいます。

身を乗り出して聞いてくれる人に、人は好感を持ちます。

話をする時は、よっぽど話の上手い人以外は、自慢話や武勇伝は止めましょう。

親密な関係になった後に、過去の話としてすれば、楽しく聞いてくれるはずです。

飲み屋やレストランでの店員に対する態度も、異性は見ています。

頼もうとした商品がないと知り、嫌な顔をしたり、注文が来るのが遅いと言って叱ったりしていては、相手に引かれてしまいます。

逆に、他人に対して大らかな気持ちで接しているのを見ると、心が広い人と良く思われます。

他人だから関係ない、何を言っても良いと思っている人は、人間として小さいと受け取られてしまうでしょう。

いつも余裕のある態度を心がけましょう。

そんな態度の人が、相手に対しての小ハプニング(遅刻した、約束していた物を持ってくるのを忘れた)の時に慌てるといった態度を見せると、普段とのギャップで可愛い人と思われるのです。

普段は不器用で無口なのだけど、気になる異性が話している時には一生懸命に聞いているとか、自分だけに見せる態度というのに異性は弱いものです。

例えば電車でお年寄りに席を譲る時に、どうぞと声を掛けるのも良いのですが、黙って席を立ってお年寄りにニコッとするという行為をしたなら、女性は確実に惹かれるでしょう。

同じ事をするのにも、自分流の態度があると思います。

皆と同じ事をするだけでなく、この自分流の態度も身に付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です