「夢を買う意味」宝くじは落ち込んでいる人に効果ある?

投稿者: | 2018年1月13日

宝くじを買ったら当選番号が出るまでの間に、

「もしも1億円が当たってたら・・・」

なんてことを考えますよね?

こういう話題をすると、「当たったら明日から働かない」って人もいます。

宝くじが当たったら、という妄想はもはや止まりません。

車を買ったり、家を買ったり、貯金をしたり、旅行をしたり・・・・。

人それぞれ色々な使い方をしたいようです。

それに妄想とは言え、宝くじに当たったことを考えると楽しい気持ちになります。

 

とはいえ、当たる確率は非常に低いのが宝くじです。

1億円が当選する確率はそれこそ、1000万分の1以下です。

まさに奇跡的確率です。

 

「どうせ当たるわけないし・・・。」

そう思って宝くじを買わない人も多いことでしょう。

しかし、宝くじは当たることが全てではありません。

 

宝くじを買ってから当選発表があるまでの期間、

「もし宝くじが当たったら」という妄想することができます。

 

人生が辛いと感じている時や、未来に希望を失ってしまった時、

宝くじを買うことで少しだけ希望を持つことができます。

当たるだけではなく、「夢を買う」ことが宝くじの最大の魅力かもしれません。

もし宝くじが当たったら・・・、そんなことを妄想していると明るい気持ちを取り戻せます。

暗い気持ちだった時でもポジティブな気持ちにしてくれます。

あなたが落ち込んでいたり、イマイチ希望が持てない時は宝くじ買ってみてはいかがでしょうか?

 

 

オススメの宝くじの買い方

宝くじを買う時にオススメの買い方がありますので、ご紹介します。

それは、1度にまとめて買うのではなく毎回少しずつ買う事です。

毎回宝くじを買うことで、何度も夢を見ることができます。

無理して買う必要はありません。毎回1枚だけ買ってみてもいいでしょう。

1枚200円の宝くじでも、1億円に変わるかもしれないという希望が生まれます。

生活の中に「運」という要素を加えることで、自分の行いを見直すこともできるでしょう。

ゴミのポイ捨てをしていた人でも、宝くじを買う習慣をつけたら変化が起こります。

ゴミを道に捨てようとしたときに、頭にこんな言葉がよぎります。

「ポイ捨てなんてしている人には、宝くじなんて当たらない・・」

そう思ってゴミを捨てるのをやめるのです。

因果応報という言葉がありますが、それを本能的にわかっているのが人間です。

 

因果応報とは、悪いことをしたら悪いことが返ってくるし、良いことをしたら良いことが返ってくることです。

宝くじに当たりたいから、という理由であっても悪い行いを避けるようになるのは素晴らしいことです。

実際に良い運気を集める人は、人徳がある人だと言われています。

自分のマナーや人間性を見直すことにも、宝くじは効果的なんですね。