タクシードライバーの平均年収と給与が高い会社や都道府県とは?

投稿者: | 2018年6月24日

タクシードライバーの年収

タクシードライバーの平均年収は400万円だと言われています。
これはあくまで平均年収であり、働く地域や勤めている会社によって給与や待遇が全然違います。
どうして給与に差がでるのかというと、タクシーの運転手の仕事は一日の売り上げが給与に直結するからです。お客さんがいなければ安い給料しかもらえませんが、お客さんがたくさんいれば給与もぐんと高くなるわけです。だから地域や働く会社によって収入に差があるんですね。
給与が歩合制になっている会社がほとんどですから、お客さんを乗せれば乗せるほど、自分の収入が高くなります。しかも運賃の役50%が運転手への歩合となるため、運賃が1人あたり3000円くらいすぐに超えちゃうことを考えると、お客さんが多ければかなり稼げる仕事だとわかるでしょう。
とは言え、歩合の割合を決めるのは働く会社次第なので、個人の努力ではどうにもなりません。
あとからでは遅いので、給与面で不満がないように入社する前にどういった割合の歩合制になっているのか、きちんとリサーチしておきましょう。

給与が高い都道府県

タクシーの仕事は、待ちぼうけをしているだけでは全然稼げません。つまり、たくさんのお客さんを乗せた運賃が自分の給与に直結します。ですからタクシードライバーの給与が高いのは、東京や大阪などタクシーの利用者が多い地域です。
地方では稼げるイメージがないタクシードライバーの仕事ですが、都市部では高収入を稼げる仕事になるんです。ただし都市部ではなくとも競合が少なくて利用者が多い地域もあります。
給与は働く地域が変われば全く違います。お客さんが少ない地域では待っている時間が長いのに対して、利用者が多い地域では次々とお客さんが利用するので給与に差が出て当然ですよね。

評判が良いタクシー会社とは?

評判が良いタクシー会社は、待遇がしっかりしています。日本交通のような大きな歴史のあるタクシー会社は、働いている人の口コミを見ても社員が満足している様子がうかがえます。
どことは言えませんが、逆に評判が悪いタクシー会社は「歩合給が低いこと」が社員が不満を抱える理由のようです。様々なタクシー会社がありますが、入社する際は給与面に注目しておけば満足度が高い仕事ができるでしょう。実際に会社で働く人の口コミを見ておくことで、待遇が良い会社はどこなのかがわかります。

入社してからじゃ給与の不満は解決が難しいですよね。
給与については、実際に働いている人の声を参考にしましょう。

 

タクシー会社の口コミを見る